リスティング広告のシミュレーション作成方法

編集部

今回はインターネットの広告戦略に欠かせない「リスティング広告」のシミュレーション作成方法を解説します。

どのような広告でもある程度事前に、広告の効果がどのくらいなのかを事前に把握しておきたいものです。「リスティング広告」はGoogleのキーワードプランナーの使用で、どのくらいの表示回数があり、どのくらいクリックされるのかがわかります。

コンバージョン数や成約率もでますが、こちらはWEBサイトなどにより大きくことなるので参考程度がよいでしょう。それによって、最初にかけなくてはいけない費用とこのプロモーションはどこまで伸ばせるかの最大値が見えることで、事業戦略が練りやすくなります。

この記事を読むことで、自分でもリスティング広告のシミュレーションが作れるようになると思いますのでぜひチャレンジしてみてください。

リスティング広告の費用はどれくらい?広告費用や相場を簡単解説

なぜリスティング広告なのか?

インターネット広告でポピュラーなものといえば「リスティング広告」です。いわゆる検索連動型広告。

検索エンジンでユーザーが入力したキーワードに関連する広告を、検索結果画面で表示する仕組みとなっているので、今現在悩んでいるニーズが顕在しているユーザーにアプローチができるため、広告効果が出やすい媒体です。

シミュレートの目的とゴール

インターネット広告担当者が次にすべきことはシミュレートです。リスティング広告のシミュレート目的は2パターンが考えられます。1つ目は広告予算が決まっているケース。100万円の予算をリスティング広告に充てた場合、どれほどのアクセスやコンバージョン数が見込めるのかを算出します。

もう1つは目標とするコンバージョン数が決まっているケースです。月間で1,000個の商品を売り上げたい目標があったと仮定します。それをリスティング広告で完売させるためには、どれほどのアクセス数が必要になるのか、そのアクセス数を稼ぐにはどれほどの予算を投入すべきなのかを推定します。

「どれくらいの費用をかければどれくらいのアクセスが見込める」、「どれほどの確度でユーザーは成約する」といったシミュレートは、広告戦略において必要な情報です。意思決定の判断材料を得ることがシミュレートの目的です。

では、シミュレートのゴールとは何でしょう。「広告は水もの」と言われます。100万円の予算を投入したからといって、必ず1,000個の商品が売れるとは限りません。
特にリスティング広告のシミュレートで算出した数値は、あくまで推定。シミュレートとまったく同じ数値が計上されることはないでしょう。シミュレートのゴールは、事前に算出した乖離に気付き、次の施策に展開していくことです。

例えばシミュレートで算出したキーワードが、思っていた以上に検索されない場合もあります。
推定値と実数値が大きくかけ離れていた場合、キーワードを変更するという対策が打てます。シミュレート通りに進まないことは、間違いではありません。「そのキーワードより、あとから設定したキーワードのほうがユーザーの反応がよい」という情報を得ることができます。

この情報は、今後の広告戦略において大きな財産になるでしょう。「実践して気付いた情報を財産とし、次の広告戦略に生かしていくこと」。いうなれば、これがシミュレートのゴールではないでしょうか。

必要な数値は?

それではリスティング広告の具体的なシミュレーション作成に入っていきましょう。シミュレーション作成に最低限必要な数値は以下です。

  1. IMP(表示回数)
  2. CTS(クリック数)
  3. CTR(クリック率)
  4. CPC(クリック単価)
  5. CV(コンバージョン数)
  6. CVR(コンバージョン率)
  7. CPA(コンバージョン単価)
  8. COST(費用)

①IMPはインプレッションです。ユーザーに対して広告が「表示」されることを指します。

下記画像を見てみると、「リスティング」というキーワード検索で4つのサイトが広告として表示されています。1回の表示で1インプレッションが計上されるので、この4つのサイトは1IMPとなります。

②のクリック数はその名のとおり、広告がクリックされた回数です。IMPの数が高くてもCTSが低ければ、そのサイトはあまり閲覧されていないことになります。表示されるタイトルやディスクリプションを工夫して、CTSを上げていく施策が重要になります。

CTS÷IMPで算出できるのが③CTR(クリック・スルー・レート)。例えば500回表示された内、10回クリックされた場合、そのサイトのCTRは0.02となります。広告表示を見た2%のユーザーがクリックすることを表しています。表示回数を増やすこと、クリック数を増やすことも必要ですが、CTRを向上させるとより効率的な広告運用となります。

クリック1回あたりにかかるコストを④CPC(コスト・パー・クリック)と呼びます。例えば10万円かけて稼いだCTS(クリック数)が400だった場合、1クリックあたり250円で獲得した計算になります。つまり、CPCは250です。

⑤のCVがコンバージョンです。最終的な成果のことを指しており、リスティング広告ではいかにCVを獲得するかが鍵となります。CVの定義はサイトによって違います。商品購入をCVに設定するサイトもあれば、資料請求のユーザーのアクションをCVとするサイトもあります。サイトの目的に合わせてCVを設定しましょう。

⑥のCVRがコンバージョン・レート。顧客転換率のことです。CV数÷サイト全体のアクセス数で算出できます。あるランディングページの月間アクセスが30万、そのうち商品購入につながったCVが150件あった場合、CVRは0.0005。パーセンテージにすると0.05%となります。サイトを訪問したユーザーが0.05%の確率で商品を購入することがわかります。

広告戦略において⑦CPA(コスト・パー・アクション)は特に注視すべき数値。新規顧客1人あたりの獲得単価です。こちらは広告費÷CV数で算出します。100万円の予算で20件のCVを獲得した場合、CPAは50,000円。例えばこの商品が数百万円の自動車だった場合、50,000円の広告費で1台が売れる計算となり、とても有効な広告戦略と言えるのではないでしょうか。逆に単価150円の文房具だったと仮定すると、1つ売るのに50,000円もかけるのは非効率的でしょう。

GoogleとYahoo!JAPANの数値の算出方法

さて、リスティング広告はGoogleとYahoo!JAPANに掲載が可能です。それぞれを比較すると、Yahoo!JAPANのCPCはGoogleの2分の1程度のケースが多々あります。

「Googleキーワードプランナー」というシミュレーションツールを用い、まずはGoogleの各数値を算出します。その後、Yahoo!JAPANのCPCをGoogleの2分の1で見積もり、シミュレートしていくとよいでしょう。

シミュレーションの作成方法

では、実際にシミュレーションを作成してみましょう。ここでは「リスティング広告シミュレーションフォーマット」とGoogleキーワードプランナーの2つを活用します。

目標数値からシミュレーションを算出する

まずは、目標数値が決まっているケースから。このシミュレーションで、目標となるCVを達成するために、どれほどの予算が必要かを割り出すことができます。

今回はGoogleとYahoo!JAPANともに5件、計10のCVを目標とします。また、利用するフォーマットは「CV目標が決まっている場合の配信シミュレーション」です。


フォーマットのCV欄にそれぞれ5と入力したら、次はCTR(クリック率)、CTC(クリック単価)、CVR(コンバージョン率)を調べます。ここでGoogleキーワードプランナーを活用します。


右の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックすると調べたいキーワードを打ち込むボックスが出てきます。ここにリスティング広告で狙うキーワードを入力。今回はわかりやすく「リスティング」と「シミュレーション」の2つを入力してみましょう。


「開始する」をクリックすると、結果がすぐに出てきます。


リスティング広告で扱う数値は左にあるタブの「予測」から見ます。


ここでCTR(クリック率)が6.0%、CTC(クリック単価)が160円とわかりました。Googleの欄に記入しましょう。


CVR(コンバージョン率)はGoogleキーワードプランナーで測ることができません。過去の運用実績から引用する、または0.1%から2%の間で仮定するのが一般的です。今回は計算が分かりやすいようにCVRを1%に設定してシミュレーションします。すると自動でIMP、CTS、COST、CPAが算出されます。


Yahoo!JAPANの欄はCPCに注意してください。先述のとおり、Yahoo!JAPANはCPCがGoogleの2分の1程度なので、CPCのみ80円に設定します。


このように、Googleに80,000円、Yahoo!JAPANに40,000円を充てた計120,000円のコストでCV10件が獲得できるシミュレーションが完成しました。

しかし、これで終わりではありません。Yahoo!JAPANはIMPの数値もGoogleの半分程度と想定されています。つまり、IMPが同数なのは非現実的です。数値を現実的なものにするために、CVの割合を変更します。GoogleのCVを6、Yahoo!JAPANのCVを4としましょう。


Googleが10,000IMPに対してYahoo!JAPANが6,667IMPとなりました。この数値であれば現実的なラインかと思います。CVの値を変えたことにより、CPAが変動。それにともないCOSTも変わっています。

ということで、合計CV 10を達成するためにはGoogleでCV6、Yahoo!JAPANでCV4を獲得し、想定されるコストの総額が128,000円と算出されました。

予算からシミュレーションを算出する

続いて広告予算が確定しているシチュエーションで算出してみます。この場合は「予算が決まっている場合の配信シミュレーション」のフォーマットを利用しましょう。

まず入力するのはCOSTです。仮に合計40万円とし、GoogleとYahoo!JAPANを均等に分けてみます。それぞれのCOST欄に200,000と入力します。


次にGoogleキーワードプランナーで費用を合わせます。今回設定した200,000円にするため、1日の平均予算を動かしましょう。


1日の平均予算6,400円で月の予算が200,000円となりました。

では、先ほどと同様に、Googleキーワードプランナーで予測されたCTRとCPCを入力します。CVRも同じく1%と仮定します。また、Yahoo!JAPANは260円の2分の1、130円で計算しましょう。


こちらはCOST、CTR、CPC、CVRを入力すればその他の数値が自動で算出されます。ここまでのシミュレーションで、GoogleでCV8、Yahoo!JAPANでCV15、合計CV23件を獲得できる計算です。

ここからは、先ほどと同様にIMP数が現実的かどうかを確認する必要があります。同額の費用でYahoo!JAPANのIMPがGoogleの2倍程度となっており、やはり非現実的。予算からシミュレーションを算出する場合は、COSTの割合を変更します。


Googleに320,000円、Yahoo!JAPANに残り80,000円をかけると想定すると、Googleが25,118IMP、Yahoo!JAPANが12,559IMPとなりました。この辺りが落とし所でしょう。
結果、合計400,000円の広告予算であれば合計18のCV獲得が見込めるシミュレーションができました。

まとめ

リスティング広告シミュレーションフォーマットとGoogleキーワードプランナーを使って目標数値が決まっているケースと予算が決まっているケースの2つをシミュレーションしてみました。

これまでのとおり、シミュレーションというのは不確定要素や仮定が多く、あくまで推測です。推測の精度を高めるには運用実績や他サイトの情報を知ることが一番でしょう。

やはりシミュレーションと実数値では乖離が生まれます。シミュレーションと実運用を繰り返し、自社にしかないデータを蓄積していくことこそ、精度の高いリスティング広告運用につながります。

この記事のURLをコピーする コピーしました
編集部

タガタメの編集部です。読んで頂いた人がすぐ行動できるメディアを目指し、サービス提供を通じて汎用的で皆さんがすぐ使えるノウハウや情報を発信していきます。

おすすめ記事

タガタメでは一業種一社限定の
WEBコンサルティングを提供。

・広告の費用対効果があわない
・どんな広告が良いのか悪いのか分からない
・サイト改善してコンバージョン率を上げたい
・担当者への要望がなかなか反映されない
上記内容にお困りの方、デジタル領域の課題に対して最適なプランをご提案致します。
お気軽にお問い合わせください。