クリック単価(CPC)の決まり方を解説!相場の調査から改善方法も紹介

編集部

リスティング広告のクリック単価について、決まり方や相場を調べる方法、改善方法などを解説します。

リスティング広告のクリック単価(CPC)の「決まり方やその傾向などを調べている」という企業のWEBマーケティング担当者もいるでしょう。リスティング広告を効果的にするには、クリック単価の決定方法や変動要因を把握したうえでの運用が重要です。

リスティング広告の費用はどれくらい?広告費用や相場を簡単解説

クリック単価(CPC)とは?

リスティング広告のクリック単価とは、広告がクリックされたときに発生する1クリックあたりの単価のことを指します。CPCと呼ばれることもあり、これはCost Per Click(コスト パー クリック)の頭文字を使った略語です。

例えば、広告が100回クリックされて広告費が1万円だった場合、1万円÷100回で「クリック単価100円」と求めることができます。ただ、1クリックあたりの単価は、キーワードによって固定されているわけではありません。クリック単価は、後章で紹介する「平均クリック単価(平均CPC)」で求める方法が一般的です。

リスティング広告のクリック単価の決まりを知ることは、費用対効果の把握につながります。費用対効果を把握できれば、リスティング広告の運用を効果的につなげられるでしょう。クリックの単価を調べる過程から、広告にいくら費用をかけていたかの総額、1クリックあたりどの程度の単価だったのか、売上につながるまでに平均何クリック要したか、などが把握できます。例として、100クリックに1回が売上につながって、クリックの単価が100円だった場合、広告費に1万円かけたことになります。

このように、クリックの単価からさまざまな情報を得ることで、売れた商品やサービスでどのくらいの利益が出たかを把握できます。利益が少なかったり赤字になったりするなら、クリックの単価を参考に入札価格や広告の出し方などの改善に役立てられます。ただ、参考にするには、クリック単価がどのように決まるのかを理解したうえで、適切な単価の決め方や改善方法などを知る必要があります。次からは、リスティング広告のクリック単価の決まり方を解説していきましょう。

クリック単価(CPC)はオークションで決まる

リスティング広告のクリック単価(CPC)は、Google広告とYahoo!広告のどちらのサービスも、決まり方はオークションによります。オークションといっても、入札価格だけで単純に高い金額を提示したページが優先されるわけではありません。広告ページのクオリティなどのさまざまな要因が関連します。

ここでは、クリック単価の変動要因や傾向を解説します。クリック単価の相場を調べる方法も説明するので、参考にしてください。

クリック単価(CPC)の変動要因

クリックの単価が変動する要因は、入札単価や品質スコア、広告オプションなどの広告ランクによるものです。リスティング広告のクリックの単価は、基本的にオークションで決まりますが、オークションは入札単価だけでなく、品質スコアと広告表示オプションなども影響します。これら入札単価、品質スコア、広告オプションが要因となりクリック単価の変動に影響するのが「広告ランク(Google広告)」「オークションランク(Yahoo!広告)」です。入札単価とは、クリック単価の上限金額のことです。入札単価を競合の広告よりも高く設定していれば、広告ランクを上げることができます。

品質スコアとは、推定クリック率や広告との関連性、広告のランディングページの利便性など、さまざまな項目から算出されるスコアです。広告の内容だけでなく、ユーザーの所在地やデバイス、検索時間など、ユーザー属性も関連しています。広告表示オプションとは、実際に表示されるリスティング広告の下に入れることができる追加情報です。例えば、電話番号や住所、会社概要などがリスティング広告の下に入っているのを見たことがあるでしょう。それが広告表示オプションです。設定すれば、ユーザーが広告主の情報を得られるので、広告の効果を上げることが期待できます。

これらの3つの要因で広告ランクは変動するため、単純に入札単価が高い広告が優先されるわけではなく、競合より低い入札単価でも広告の掲載順位が上がる可能性もあります。また、広告ランクはオークションのたびに算出されるので、広告の掲載順位も毎回変動します。では、クリックの単価が高くなったり安くなったりする理由には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

クリック単価が高い理由とは?

クリックの単価が高くなるのは、競合相手が多いキーワードで入札単価の上限金額を高く設定しているためです。競合相手が多い人気のキーワードは、費用をかけてでも広告を露出したいと考えます。

入札単価もクリック単価が決まるオークションに影響する数値なので、1つのキーワードに入札が集中すると入札単価が上がり、それに連れクリック単価も上がる傾向です。

クリック単価が安い理由とは?

クリック単価が安いのは、入札単価を低く抑えすぎている可能性があります。そもそもの入札単価が低いため、クリックの単価も低く抑えられています。ただ、クリックの単価を低く抑えることが、必ずしもよいこととはいえません。入札単価が低すぎると、インプレッション機会も低下します。広告の露出を増やせないため、リスティング広告の効果も低下させてしまいます。

そのため、適正な入札価格を知るには、クリック単価が何に影響を受けているのかを理解しておく必要があります。

クリック単価(CPC)の傾向

クリック単価の傾向に影響を与えるのは、業種やキーワードの検索ボリューム、出稿する時期と媒体などです。次では、それぞれの影響について説明します。

業種

業種によりクリック単価は異なり、特にユーザーから求められる情報が多い業種は、単価が高くなる傾向があります。業種とは、金融や保険など大まかに分類されたものです。金融や美容などのユーザーが知りたい情報を多く含む業種では、単価が高くなるのが一般的です。

ただ、同じ金融や美容の業種でも、商品やサービスなどの価値やニーズなどによっても単価に差が生まれます。

キーワードの検索ボリューム

キーワードの検索ボリュームも、クリック単価に影響を与えます。例えば、商品やサービス、企業の知名度が高ければ、ユーザーはその情報を知りたいと考え検索するでしょう。このように、ユーザーからの知名度が高いと、検索ボリュームも高くなります。その結果、リスティング広告のクリック数も増えるので、クリック単価は低くなる傾向があるのです。ただ、競合が多かったり、知名度が高い企業と競ったりすると、クリック単価は高くなる傾向もあります。

出稿する時期

クリック単価は、出稿する時期にも影響します。具体的には、季節が関係するものや、トレンドの商品サービスなどです。その時期に、世の中からニーズがある商品やサービスの広告は、クリック単価が高くなる傾向があります。例えば、暖房器具と冷房器具は、季節によって検索されるボリュームが異なります。真夏の炎天下に暖房器具の広告が表示されても、クリックされる数は多くありません。反対に、冷房器具ならクリックされやすいため、夏は冷房器具に関連する広告のクリック単価が高くなる傾向があるのです。

また、トレンドの商品は、広告の露出を増やしたい企業が高い入札価格を設定するので、クリック単価が全体的に高くなる傾向もあります。

出稿する媒体

同じキーワードの広告でも、出稿する媒体によってクリック単価は異なります。代表的な媒体といえばGoogleとYahoo!JAPANです。それぞれの検索エンジンでは、広告が表示される位置や年齢層、アクセスする目的などが異なります。また、前述した広告ランクによるオークションのシステムなどにも異なる点があります。

クリック単価(CPC)の相場を調べる

ここで紹介するクリック単価の相場を調べる方法は、Google広告とYahoo!広告でのことです。Google広告はキーワードプランナー、Yahoo!広告はキーワードアドバイスツールで、それぞれの使い方などを簡単に説明します。

詳細の使いかたはこちらから「リスティング広告のシミュレーション作成方法」

Googleキーワードプランナーを使う

Googleキーワードプランナーとは、Google広告のキーワードをさまざまな視点から調べられる無料ツールです。キーワードプランナーでは、目的キーワードの平均クリック単価の「予測値」の確認ができ、この数値がクリック単価の相場価格の目安になります。

具体的な使い方を、簡単に紹介しましょう。キーワードプランナーの利用には、Google広告へのアカウント登録が必要ですが、ここでは登録していることを前提に進めます。

まず、Google広告のマイページの上部から「ツールと設定」「キーワードプランナー」の順番に選択します。キーワードプランナーのページに移動するので、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」を選びましょう。するとキーワードを入力できるようになるので、クリック単価の相場を調べたいキーワードを入力し「開始する」をクリックします。画面左に「キーワード候補」と項目が表示されるので「予測」を選択、予測画面が表示されます。

表示された項目の「平均クリック単価」が相場目安です。

Yahooキーワードアドバイスツールを使う

Yahooキーワードアドバイスツールとは、Yahoo!広告キーワードのさまざまなデータを調べられる無料ツールです。キーワードアドバイスツールでは、目的キーワードの平均クリック単価「推定CPC」の確認ができ、この数値がクリック単価の相場価格の目安になります。具体的な使い方を、簡単に紹介しましょう。利用にはYahoo!広告への登録が必要ですが、ここでは登録していることを前提に進めます。

Yahoo!広告の管理画面の上部から「ツール」「キーワードアドバイス」を選択します。キーワードアドバイスのページが開くので、クリック単価の相場を調べたいキーワードを入力しましょう。すると、該当するキーワードのさまざまなデータが表示されます。その中の「推定CPC」が、クリック単価の相場目安です。

上限クリック単価(上限CPC)と平均クリック単価(平均CPC)を理解しよう

リスティング広告には、上限クリック単価(上限CPC)と平均クリック単価(平均CPC)があります。似ている単語ですが、異なる意味があるので、しっかりと理解しておくことをおすすめします。理解しておけば、クリック単価を抑えて効率的にリスティング広告を運用できるでしょう。

ここでは、上限クリック単価と平均クリック単価、それぞれどのようなものなのかを解説します。

上限クリック単価とは

上限クリック単価とは、1クリックの費用の上限額として設定する入札単価です。クリック単価がCPCと呼ばれていることから、上限CPCとも呼ばれています。

上限クリック単価は、個別単価設定と自動入札機能の2つの方法で設定できるので覚えておきましょう。個別単価設定は、自分で入札単価の上限を設定する方法です。自動入札機能は1日の上限予算を設定し、予算内でクリック数を獲得できるように自動的に調整する方法となります。

一般的にリスティング広告では、この上限クリック単価が高いほど、ページの上位に広告を表示できますが、上限クリック単価は、あくまでもかけられる費用の上限です。オークションによっては、上限よりも安く入札が決まることも少なくありません。

平均クリック単価とは

平均クリック単価は、広告がクリックされたときに発生する1クリックあたりの単価の平均です。サービスによって名称は異なり、Google広告では「平均クリック単価」、Yahoo!広告では「平均CPC」とされています。平均クリック単価は「広告費÷クリック数」で求めることが可能です。

例えば、広告費に10万円かかり、クリック数が1000回だったとします。この場合、10万円÷1000回で「クリック単価100円」と計算できます。平均クリック単価は、リスティング広告で、実際にかかった費用から割り出すものなので、広告の成果などを確認できる数値です。

平均クリック単価を理解しておけば、キーワード選びや広告の品質などの改善に役立ち、よりコストを抑えた広告運用の参考にできます。

適切な上限クリック単価(上限CPC)を決める方法

適切な上限クリック単価(上限CPC)の決め方には、どのような方法があるのでしょうか。上限クリック単価は、単純に高く設定すれば広告の露出を増やせる可能性はあります。ただ、費用対効果を考えたとき、単純に高くしすぎてしまうのは効果的なリスティング広告の運用とはいえません。コストばかりがかかり、利益率を圧迫してしまうケースもあるのです。

ここでは、適切な上限クリック単価の決め方として、上限クリック単価を求める数式を使う方法、クリック単価の相場から決める方法を紹介します。

上限クリック単価(上限CPC)を求める数式を使う

適正な上限クリック単価の決め方として、数式を使う方法があります。数式は「目標CPA×コンバージョン率=適正な上限クリック単価」です。例えば、目標CPAが10万円でコンバージョン率が1%なら、10万円×0.01で上限クリック単価は「1000円」と求められます。この数式で使用する、目標CPAとコンバージョン率とは何なのかを説明しましょう。CPAとは、コンバージョン1件にかかった広告費用です。CPAは「広告費用÷コンバージョン数」で求めることができます。

例えば、広告費用が10万円かかり5件の成約があった場合は、10万円÷5件で「CPAは2万円」です。このように、成約にいたったデータがあればCPAを求められます。ただ、上限クリック単価を決める際は「目標CPA」が必要です。したがって、目標CPAとは「1件の成約にどれくらい費用をかけられるかの目標値」と考えておきましょう。コンバージョン率とは、広告がクリックされた回数のうち、何件が成約したかの割合を指します。コンバージョン率の計算式は「コンバージョン数÷広告クリック数×100」です。

例えば、広告が100回クリックされてコンバージョン数が3だった場合は、3÷100×100で「コンバージョン率は3%」と求めることができます。コンバージョン率も、成約したデータがなければ求められません。成約データがないなら、アメリカのWEB広告代理店WordStreamの調査結果「一般的なECサイトのコンバージョン率2.81%」を参考にできます。参考として、目標CPA2万円、コンバーション率を3%と想定し、上限クリック単価を求めてみましょう。2万円×3%で「上限単価は600円」と計算できます。

クリック単価(CPC)の相場から決める

上限クリック単価は、クリック単価の相場から決める方法もあります。前述したように、Googleキーワードプランナーでは「予測値」、Yahooキーワードアドバイスツールでは「推定CPC」の項目で、クリック単価の相場を調べることが可能です。この数値を参考に、上限クリック単価を決められます。また、キーワードプランナーには「新しいキーワードを見つける」機能があり、この機能も上限クリック単価を決める参考にできるのでおすすめです。

Google広告のマイページの上部から「ツールと設定」「キーワードプランナー」の順番に選択します。キーワードプランナーのページに移動するので、「新しいキーワードを見つける」を選びましょう。「新しいキーワードを見つける」の画面に移動するので、「キーワードから開始する」の項目から狙いたいキーワードを複数入力し、「結果を表示」をクリックします。

すると、「月間平均検索ボリューム」「競合性」「ページ上部に掲載された広告の入札単価の高値と安値」の一覧が確認可能です。キーワードごとの高値と安値を参考にして、上限クリック単価を決めることができます。

平均クリック単価(平均CPC)を改善する方法

平均クリック単価(平均CPC)の改善は、費用対効果を高めることにつながります。意識すべきは、クリック単価はオークションによって常に変動するということです。

そのため、広告を多く露出したいなら単純に入札価格を上げればいいわけではなく、広告のクリック先であるランディングページの有用性や、そもそものキーワード選びなどもポイントになります。ここでは、平均クリック単価を改善するための具体的な方法を紹介しましょう。

上限クリック単価(上限CPC)の設定を下げる

平均クリック単価を改善するには、上限クリック単価の設定を下げる方法があります。平均クリック単価が、上限クリック単価を超えることはありません。したがって、上限クリック単価を下げれば、平均クリック単価を抑えることができます。ここでは、Google広告での上限クリック単価の設定方法を紹介しましょう。Google広告にログインし「キャンペーン」から、上限クリック単価を変更したいキーワードを含む広告グループを選択します。上限クリック単価を変更するキーワードを選択し「編集」をクリック。次に「上限クリック単価を変更」を選びます。

設定する数値を入力し「適用」をクリックすれば完了です。上限クリック単価を下げることを検討する目安は、掲載順位が高いときです。競合がいないキーワードなら、単価を下げて費用対効果を高めましょう。ただ、上限クリック単価は広告ランクにも関連するものなので、安易に下げることはおすすめできません。掲載順位が下がることや、広告が表示されなくなる可能性もあります。上限クリック単価を下げたあとは、広告の掲載順位を追い、柔軟に調整できるようにしましょう。では、反対に上限クリック単価を上げたほうがいいケースはあるのでしょうか。

上限クリック単価を上げたほうがいい場合

上限クリック単価を上げたほうがいいのは、広告の掲載順位が低いときや、広告が表示されないときです。入札価格は、広告の掲載順位に関わる広告ランクに影響します。そのため、単純に上限値が低すぎて、広告の掲載順位が低かったり、広告が表示されないことも考えられます。もし、広告が表示されない原因が上限値の問題なら、上限値を上げるだけで改善できる可能性があります。ただ、すべてのキーワードを上げるのではなく、優先順位をつけて上げることも重要です。

コンバージョン率やクリック率を参考に、成約につながっているキーワードを優先的に調整しましょう。

広告の品質を改善する

平均クリック単価を改善するには、広告の品質を見直すことも重要です。前述したように、オークションに関わる広告ランクには、推定クリック率や広告との関連性、広告のランディングページの利便性などの品質スコアも影響します。

リスティング広告は、ユーザーの検索意図に近い情報がある広告を優先して表示させる傾向があるので、キーワードと広告ページが関連する内容でなければいけません。そのため、キーワードの入札価格を高く設定しても、広告の品質が悪かったり整合性がなかったりすると、表示されない可能性があります。

キーワードを見直す

平均クリック単価の改善には、キーワードの見直しも効果的です。クリックの単価が高いのに成約につながらないキーワードは、見直したほうがいい可能性があります。キーワードの見直しは、前章で紹介した広告との整合性を持たせる観点でも重要です。例えば、Google広告では、広告ランディングページのURLから、関連性の高いキーワードを洗い出すことができます。

Google広告のマイページの上部から「ツールと設定」「キーワードプランナー」の順に選択します。キーワードプランナーのページに移動するので、「新しいキーワードを見つける」を選びましょう。「新しいキーワードを見つける」の画面で、「ウェブサイトから開始」の項目に広告ページのURLを入力し、「結果を表示」をクリックします。SEOキーワードや検索ボリュームを確認できるので、キーワードの見直しに役立てましょう。

クリック単価(CPC)を理解して効率よく運用しよう!

リスティング広告のクリック単価(CPC)の決まり方は、オークションによるものです。ただ、オークションは入札単価だけでなく、品質スコアと広告表示オプションも影響します。

そのため、適正なクリック単価で運用するには、入札価格だけでなく、広告ページの改善やキーワードの見直しも必要です。クリック単価の決まり方を理解して、効率的な広告運用を目指しましょう。

この記事のURLをコピーする コピーしました
編集部

タガタメの編集部です。読んで頂いた人がすぐ行動できるメディアを目指し、サービス提供を通じて汎用的で皆さんがすぐ使えるノウハウや情報を発信していきます。

おすすめ記事

タガタメでは一業種一社限定の
WEBコンサルティングを提供。

・広告の費用対効果があわない
・どんな広告が良いのか悪いのか分からない
・サイト改善してコンバージョン率を上げたい
・担当者への要望がなかなか反映されない
上記内容にお困りの方、デジタル領域の課題に対して最適なプランをご提案致します。
お気軽にお問い合わせください。